【半島暮らし】2020.09-都心への通勤

最近、葉山界隈に移住を検討されている方から多く質問される「都心への通勤」について。
確かに気になりますよね、ハードル高そうなイメージだと思いますので、ここで簡単にお伝えしようと思います。

葉山はバスを使って電車までアクセスします。なんだか億劫な印象。でも心配しなくても大丈夫、平日ならバスも10分間隔程度で走っているので、さほどストレスには感じません。最寄り駅はJRと京浜急行の2路線が利用できるから、どちらかが遅延したとしてもどちらかにダッシュすれば問題解決、と心強い路線環境でもあります。

JR逗子駅には車両車庫があり、始発の電車も存在していて、上り方面に向かって一番後ろの車両に、この車庫に待機している4両編成の車両が増結する。つまり、この4両には前の駅からの乗客がいないため、朝の通勤ラッシュ時でもこの車両を狙えば座れる確率は高い(そこそこ並びがあるので、1本待てば確実に座れる)。ラッシュの時間帯、横須賀線は5〜10分に1本、湘南新宿ラインは3本あるから、たとえ1本見送っても全然大丈夫。湘南新宿ラインに関しては全車両が始発、というのがなんとも嬉しい。京浜急行も始発なのでほぼほぼ座れます。

都内まで電車に揺られること約一時間、その間に座っていられるので読書も出来るし、簡単なPC作業も出来る、私はもっぱら貴重な睡眠時間に充てていましたが(都内に勤めていたころ)、笑。でも残念なことに行きは座れるけれど帰りは座れない場合もあります、、が、、武蔵小杉や横浜あたりまで下ってくると、この辺で下車する人が多くなってくるので狙いをつけて席をゲット!あくまでもスマートな振る舞いでね。(m.t)