2020.03-目黒の家の建前を行いました。

個人住宅の立て替え。高低差のある既存の基礎を使う必要があるため、上部は床をステップ状に配置した間取りとしました。立体的に組み合う柱梁を一日で組む大工たちは、京都や滋賀、都内から集結。SPCのメンバーも作業に加わり、みんなでつくる現場が進んでいます。詳細はWORKSをご覧下さい。