【現場いろいろストーリー】2020.10-半島暮らしの土地・展望ビュー編

先月のコラムでレポートさせて頂きました半島暮らしの土地、今回は展望に関するお話を一コマ。
翌日に現調を控えたとある日、明日の天気予報は生憎の大雨、、、私達はみんなどことなくソワソワ不安な気持ちで帰宅し今日を迎えた。お世辞にも良い天気とは言えなかったけれど、幸いにもこの時間だけ雨が止んでくれたことで現調ができる運びとなりました。

建物の配置やボリューム計画に加えて、そろそろ建物の全体的なプロポーションや屋根の形状も含めた屋上計画を行う段階に入ってきたので、いよいよ屋上からのビューや建物の高さ計画に関する調査を行うため、足場を組んでの眺望の確認、といったところです。

一階からの眺めはもちろんですが、屋上が出来るだろう高さからの眺望は想像以上なものでした。今まで気づかなかった角度(北西側)から抜けて見える渓谷のような景色の良さを新たに発見できたことも大きな収穫となりました。この景色を見た時、設計チームのテンションが上がったことは言うまでもないですよね。これからどんな設計が出来上がっていくのか、本当に楽しみです。(m.t)