【半島暮らし】2020.06-太陽のリズムで。

すごく当たり前のようなことだけど、太陽のリズムで生きることって、少し前の私には当たり前ではなかった。都心で暮らして都心で働いていた頃、それはそれで刺激もあり楽しいことがたくさんあった。ただ、生活習慣はといえば、もっぱら遅寝遅起な不規則な生活リズム。

一方、ここ葉山での暮らしのリズムは早寝早起きが日課のリズム。穏やかで、心地良く、のんびりした生活、なによりも健康的だ。最近はもっぱらガビチョウの囀りで目を覚ます。なんとも大きな声で歌う。騒がしいと感じる人もいれば、“七色の美しい鳴き声”と形容する人もいる。長い旋律で鳴くのが特徴で時には鶯の鳴き真似をしてみたりと愛嬌もある。先日、ついに我が家の庭に初めて姿を現したガビチョウ、特徴的な目の周りの白い模様がとても美しく感動した。

些細な日常がつくり出す景色、庭を眺めながら、毎日草木の成長を観察したり、何気ない発見にワクワクしながらお気に入りのマグで淹れたてのコーヒーを飲む。一段落したら海へと向かう。仕事に行く前の早朝のビーチはとても静かで、混じりっけのない純粋な海の匂いがする。愛犬と散歩をしながら、今日も心穏やかに過ごせるように、これから始まる一日を思い描きながら、朝日のパワーを受け止める。
今日もがんばろー!(m.t)